自律神経失調症 鍼灸 冷えを感じる季節になってきました。

自律神経失調症 鍼灸 冷え

自律神経失調症 鍼灸 冷えと関わること

自律神経失調症 鍼灸を受けられる方で多いのが

冷え です。

 

冷えが一番の悩み 

足の冷えだけ で来院されるのではなく

他の症状が主な悩みで

身体が 体質的に冷えやすいと言うことが多いです。

 

自律神経失調症 鍼灸 冷えのために

冷えのために まず

シンプルかもしれませんが

いい気持にはならないはずです。

 

反対に 寒い時期に足元が暖かい

また 身体も お腹や 手 腕なども

冷えをあまり感じずに

「ごく普通に」 自然に

無理なく 違和感なく過ごせるとしたら

気持ちの上でも負担は軽くなるはずです。

 

気持ちの面だけでなく

身体的にも

冷えがあることで 特に足の冷えがあることで

身体の 気の流れ

と言う 鍼灸独自の考え方と言う面でも

 

脚 足 の気が不足する

その分 頭など 身体の上の方に気が集中しやすいことが

頭痛 頭が重い 等のつらさを起こすことにつながってくる

と考えます。

 

自律神経失調症 鍼灸 心身と冷え

冷えは 1日だけ または 短い時間の間だけ

と言う 時間的な 「境目(さかいめ)」で考えることは

できないでしょう。

 

秋から冬 そして春先も 

さらに夏でもエアコンの効いている中に長時間いる

 

自然の中と 人工的な冷えとの違いはありますが

時間的に長い間 冷えにさらされることにより

身体に負担がかかる

足元が冷える 身体が冷える

と言うことが 他の症状 つらさにつながる可能性がある

と言うことです。

 

冬に足が冷えるのは自然なことですが

冷えることが毎日 長い間にわたって繰り返されることで

身体にとっての負担が出てきて

 

その方にとって 冷えることで出てくる症状

と言うものがあるかと思いますが

お腹の調子が良くない 足が冷えるとお腹まで冷えて痛くなる

等の辛さがある場合は

 

体質的に そうしたつらさにつながりやすいことが

その方にとっての ケアにつながると言う

鍼灸でのケアの仕方にもつながる ヒント(言い方は悪いですが)

となることがあります。

 

症状は 出ている者 つらいところ

に 気持ちが行きます。

ただ、実際に今現在の辛さから

この先 どうしたら 全体的に 全般的に

元気でいられるかということをケアしていけると

いいはずです。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691