自律神経の調整 鍼灸 気が抜けているか集まりすぎているか

自律神経の鍼灸治療。気持ちに力が入らない、やる気が起きない、と言う悩みを抱えていらっしゃるかたに向けてのお話です。

自律神経の鍼灸 気の状態って何?

動きのあるカラダと心。気持ちにも身体にも調子の波があります。

気が抜けていると言われると「気合が入っていない」と言った意味合いに感じるかもしれません。

気合が入っていない、やる気がない、叱られる・・・よく、当院にいらっしゃる方のお話の中から「やる気を出したい」とお聞きすることがあります。

気持ちにチカラが入らない状態、エネルギーが湧いてこないそういったつらさを感じている方がお見えになります。

気、エネルギーが充実している状態でないつらさを味わっているのです。「一宮海岸と夕焼けを背にしたサーファー達(千葉県一宮町)」の写真

自律神経失調症 鍼灸 気が詰まっている状態

気が充実している、いい状態とは?コンディションのいい状態だって永遠には続きません。

何でも完璧、100パーセントと言うことはないように、いま、元気が出てきにくい、やる気が出ないな、、、と言うつらさもずっと変化しないということもありません。

そこで、調子が上がらないでいる つらさ がいい方向に行くように、エネルギー、チカラを心と身体に溜め込んでいこう、心身の調整をしながら元気になるための鍼灸を行います。

自律神経失調症 鍼灸 自己調節ができるように

自分で調整を出来る状態とは、睡眠が特に大切になってきますが、眠れるようになってきた、と言う方は顔つきや脈の状態が良くなってきます。

そのため、睡眠の状態をよくしていけるように気の状態の加減を診ながら調整します。

脈を診ながらツボを選び、鍼を行う上でも加減をします。

なかなかやる気が出ない、と言う悩みを抱えている方にとって、朝スッキリ目覚めることが出来ることがとても大切になってきます。

一日のスタートが調子よく迎えられると精神的にもいいですし、いろいろなことに気持ちを向けやすくもなります。

やる気 と言う自分自身の中での一番、自己調節の仕方が難しい問題に対して、まずは、しっかりと休息を取れる状態にして(睡眠)、休息により溜め込まれたエネルギーが自然と使いたくなるような心と身体の仕組みづくりをしていくために鍼灸を行います。

脈を診てツボを選ぶ際にも、実際に脈を診ながらツボを探ります。そして、脈に元気さが出てくるように加減をしながら鍼を行うのですが、その加減がとても大事になるのです。

自律神経の鍼灸についてはこちらでもお話しています。


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691