過敏性腸症候群 夏 鍼灸治療 見沼区大和田駅みぬま治療室

過敏性腸症候群 夏の鍼灸治療

過敏性腸症候群 夏の特徴

過敏性腸症候群 

暑い夏に冷たいものを摂ることで

お腹が痛くなる、下痢になる

と言うことは思い当たる方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが、冷たいものを摂ったわけでもないのに

お腹が痛くなる、

下痢になる、

と言う症状に苦しむ方もいらっしゃるのも事実です。

 

その原因として思い当たることとして

エアコンによる冷え

があります。

足元から冷えて、

治療室にいらっしゃったときには

足が冷たくなっている状態

という方も多いです。

 

この場合は鍼灸治療の中で

全身調整の一環として冷えのケアも行いますが

治療終了後に足、身体全体が温かくなります。

温かくなると、身体が楽になり

気持ちも同時に楽になります。

いわゆるリラックスした状態になると言うことですが

夏のエアコンは自然に反して冷やしているので

身体にとっても無理があるところもあります。

 

これが体質的に全然大丈夫、という方もいる反面

エアコンによる冷えを「受けて」しまう方にとっては

とてもつらい時期でもあります。

 

そして、冷えが足元だけでなく身体全体の調子として

お腹の調子にも影響し

お腹の痛み(胃腸の自然な動きが)

お通じ(冷えによりお腹の消化、吸収が)

などに影響してきます。

 

こうしたことは身体だけでなく

気持ちにも影響し、

気持ちの余裕もなくしてしまう要因にもなります。

 

過敏性腸症候群、気持ちの余裕

寒い冬に冷えて、お腹の調子が良くない

という方でも

夏は暑いけれど寒い時よりは身体が楽

と言うことがあります。

 

そして一方でこの真逆の

寒さは全然大丈夫だけれど

暑いのは苦手

という方もいます。

 

この暑さ、寒さに対する体の感覚は

これこそ体質であって

なかなか変えることは難しいでしょう。

 

こうした 質 の部分をケアすることで

たとえば夏を快適に過ごせるように

苦痛を少なくするようにすること

身体の調整をすることはできます。

 

そして、今の時期をある程度

いい状態

で乗り切ることができると

 

次の季節 秋から冬 にかけて

調子をいい状態で迎えることができ

季節に応じた身体の状態として

自然にいい状態を維持できやすくなります。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691