体がだるい 重い 低気圧との関係 見沼区鍼灸みぬま治療室

だるい 重い 低気圧

だるい 重い 低気圧が接近してくると

これ、分かる

という方、周囲にいませんか?

 

もしかしたら、自分のこと

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

これは、分からない方には分からない、です。

感じない、といった方がいいでしょうか。

ですが、

分かる方には本当に分かるんです。

分かる、と言うより、

つらくなる

と言った方が当てはまるでしょうか。

 

低気圧の影響

やはり一番は

身体が重くなる、だるさを感じる。

また

喉の調子が、鼻の調子が悪くなる。

頭が重く(痛く)なる。

 

関節が痛くなる。

 

など、低気圧の接近により

つらさを感じることが多いのも

梅雨時には多いです。

 

が、こうしたことは一年を通じて

あります。

 

低気圧の接近 何が影響するのか

湿気、湿度が高くなりますね。

 

天気が下り坂になる、

天気が変わるだけでなく

目には見えなくても

実際に、晴れて、いい天気が続いていたと思ったら

雨が降り出す、

 

と言うことは自然の現象ですが

この雨が降り出す前に

 

晴れから曇り空になり、雨が降る

と言う一連の、肉眼的に分かる変化としてだけでなく

 

空気、と言いますか

微妙な変化があります。

 

その微妙なところは

やはり、湿度

と言うのが一番分かりやすいですが、

実際に、空気中に水分が含まれてきて

そのことが

身体を重く感じさせたり

痛みを感じさせたりします。

 

湿気による影響に

それでは、どうしたらよいのでしょうか。

 

鍼灸治療院として、

あくまで鍼灸に関する視点から、ですが

 

湿度の影響を受けやすい方にとっては

身体、体質的な問題でもありますので

 

鍼灸の治療の際に

そうした湿度の影響を受けやすい体質の方への

治療法というものがあります。

 

これは、なかなか

現代医学とは違う点なので

イメージしにくいかと思いますが

 

朝が弱い(午前中より午後、夕方のほうが調子が出る)

ということが当てはまる方、

 

お腹が弱く、下痢をしやすい

と言う方の中にも(全ての方ではないですが)

湿気の影響を受けやすい、という方もいます。

 

朝、お腹

これは、体質的な面を含んでいますので

こうした面へのケアを鍼灸で行うことを

含めながら

 

肩こり、腰の辛さ

様々な症状へのケアをします。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691