梅雨時の体調のケアに鍼灸治療の考え方 見沼区みぬま治療室

梅雨時 鍼灸の考え 湿気と暑さ、気温差

梅雨時 鍼灸で調整 気候と体質

梅雨時 鍼灸治療を受けにいらっしゃる患者さんの中に

体質的な面で

梅雨(湿気)の影響を受けやすいという方がいらっしゃいます。

 

特徴的なのは

 

だるさ

頭痛(頭が重い)

背中や肩、腰がこる(痛い)

目の疲れ

食欲が・・・・(体質によって)

 

思い当たること

ご自身のことではなくても

ご家族や、職場の方など

いらっしゃるかも?しれません。

 

梅雨時 

食中毒が起こるのもこの時期にはありますね。

やはり

湿気、暑さなど

食べ物が影響を受けるということは

私たちの体も

傷む(いたむ)

と言っては大げさかもしれませんが

 

身体がだるいなどの影響が出てもおかしくありません

湿度が身体に悪影響をおよぼす

ということは、

湿度が高い日は

空気中に水分がたくさんあることが

身体の「水はけ」に影響をおよぼす

ということです。

 

湿気が、暑さが毎日のように

身体に影響をおよぼす

このことが続くと

身体が重い、というだけでなく

気持ちも滅入ってきてもおかしくありません。

 

あまり、しゃべりたくない

何も考えたくない

ということも、あり得ることです。

 

鍼灸の考え

湿度の影響を受けやすい体質

だるさ、重さに悩む

という方

結構多いです。

 

頭が重い、というのも多いです。

 

鍼灸では、

体質的な、このような影響を受けやすい方に

こうした、湿度、だるさ、頭が重い、痛いなどの

症状に対しても、そうですが

 

もっと、体質的な面へのアプローチを行います。

 

体質的な(湿度の影響を受けやすい)ケア

 

お腹の調子はもちろん

重さ(だるさ)を軽くするために

だるさのために、元気の出ない身体、心に

元気を補うことが、まず大切です。

 

そのために

元気を補うことを目的として

脈(みゃく)や皮膚の状態(ざらつき、色つやなど)を

診て

いい方向にいくように

鍼灸を行います。

 

皮ふの状態、脈がいい感じになると

自然と元気が出ます。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691