お腹の痛み 辛さが軽減した症例 実際の鍼灸治療について

お腹の痛み 辛さが軽減した症例

お腹の痛み 辛さの他に 40代男性

便が硬い

肩こりや腰痛などもあり 精神的にもストレスが多い

食べた後 お腹が張り 背中も張ってくる

そして 胃のあたりが痛くなる

みぞおちのあたりが痛くなることもある

足の冷え

 

など 全体的に整えて調子を良くしていかないと

お腹の痛みもそうですが 心身ともによくありません

 

精神的ストレスは 体調面が楽になることで

気持ちの負担を減らしていきたい ということを

考慮して 鍼灸治療を行いました

 

お腹の痛みの軽減のための鍼灸 ツボ

背中 これは首から腰までの間に 反応

 反応とは 硬さ また やわらかさ

 ちょっと診方を変えてみると

 背中の皮膚を軽く触れてみて

 あ ここは少し盛り上がった感じがするな

 反対に ここはちょっとへっこんでいるような

 力(ちから)がない感じ 力がある感じ

 などというように 左右さ また 背中の上の方 下の方

 と その 差を診ていきます

 

 すると 必ず 左右差や 上下の差が

 あります

 

 その中で一番 弱っているな チカラがないな 

 と感じるところが 治療 鍼を行うところです

 

 鍼をするリズム

 ただ 鍼を刺すのではなく

 大事なのが 弱っているのですから

 やみくもに鍼をしていいという訳ではありません

 

 ちゃんと 呼吸のリズムや 弱っているなという皮膚の

 反応を診ながら これは経験ですが

 

 その 背中 皮膚が弱い感じに合わせて

 ソフトに 鍼を行う というやり方をします

 

 これは ソフトに鍼をすることで

 気の流れ エネルギー としましょうか

 または 内臓 お腹に血流を促進させる

 と言ってもいいでしょう

 

 という感じになるように 背中に現れている

 皮膚上の反応

 これが ツボ になるのですが

 に 鍼をソフトに行います

 

 ほかにも バランスを取るために

 特に メンタル気持ちの面でも安定させたいので

 特に 胸 (気持ち)の裏側である背中の上の方

 肩甲骨の間や 首筋など

 

 そして 背中の下 腰

 これは 腰痛のケアでもありますが

 お通じ をよくするという目的でもあります

 

 腕 脚にも 背中のツボ 反応のあった箇所

 と組み合わせて 効果を出す ツボがありますが

 この 腕 脚も ただこの場所

 と言う感じで ツボを取るのではなく

 

 腕の 肘から手首の間

 足 脚も 足首周りや スネの筋肉の上

 などの範囲で 一番 皮膚の反応が

 弱っていたり 周りより 皮膚の感じがへこんでいる

 という場所を ツボ として取ります

 

お腹の痛み が楽になった背景

 これは お腹の痛みが楽になったと

 1回目の治療から 数日して来院された際に

 お話されていたのですが

 

 治療中に お腹がグルッ と鳴る

 ふだん お腹が鳴ることはないそうです

 実際に お腹の調子が悪い ということのない患者さんでも

 治療中に お腹が鳴るということはよくあります

 また 治療中眠くなるということもよくあります

 

 背中の張りが楽になる

 背中の血流 が良くなる とも言えますが

 背中がスーッと楽になるということは

 背中には 内臓 お腹の調子に関するツボ

 内臓全般のバランスを取るツボもあります

 背中が楽に感じる という変化が出た場合

 先に述べた 皮膚上の周囲より反応が「弱い」ところ

 に チカラがついてきたな という感じになることが多いです

 

 また 目がすっきりする 足が温まる

 という変化も よい反応です

 

 こうした反応が出ることが

 心身の緊張を解く

 自律神経(内臓の働きを中心とした)

 の働きを正常化させ

 お腹の痛みの軽減につながると考えます

 お腹に効果が届くために 背中や首肩 目などを

 楽にしていく と言う感じです

 

 よい反応が出た一方で

 1回目の鍼灸治療後 少し だるさも出たようです

 これは いままで ずっと調子が悪く

 全身の血流が滞っていた感じだったのが

 動き出したため 血管が開いて流れが

 大きくなったということです

 

 温泉などに長い時間入っていると

 湯あたり になるような感じでしょうか

 

 ですが このだるさが 鍼灸治療の翌日に出て

 その 翌日 治療2日後にはとても楽になったようです

 

 背中の張り 肩のコリ が楽になったのと

 お腹の痛みが楽になった 気にならなくなったとのこと

 

 2週間に1回のペースで 治療をさせていただいていますが

 鍼灸治療直後は 便が軟らかくなるとのこと

 

 一度 1か月 治療間隔が空いたこともありますが

 その際には 少し調子が落ちて 背中の張り

 食後 お腹の痛みを感じていたようです

 ただ 気持ちの面でのストレスを日常生活の中で

 感じる部分が多いとのこともあり

 こちらから 必ずこのペースで という感じではなく

 ご本人のペースを大事にして無理なく

 現在 様子を見ながら 通院していただいております

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691