ご予約はお電話で TEL: 048-797-8141 ご予約はこちらをクリック

自律神経失調症 春先の体調不良 さいたま市鍼灸みぬま治療室

目次

自律神経失調症 春先の体調不良 

自律神経失調症 春先の体調不良 鍼灸の考え方

自律神経失調症 原因がはっきりわからないけれど

朝スッキリしない

食欲がない

身体がだるく疲れが取れない

頭痛やめまいもする。

 

季節の変わり目の身体への影響を

鍼灸治療で調節することについて

お話したいと思います。

 

季節の変わり目と言っても

いきなり春になる訳ではありません。

寒さ、暖かさが交互に来ますが

これは「間(ま)」とも言えます。

自律神経失調症 春先の体調不良 春になると

鍼灸治療の特徴として身体の持つ、

活動のための

休息のための

それぞれをいい状態で動き、休めるようにする。

切り替えのスイッチが入りやすいようにする。

ということが挙げられます。

 

切り替えのスイッチとは

季節の変わり目にも当てはまります。

 

特にいままで寒くて

活動的に慣れなかった身体が

春になり、気温が上がり

本来ならば少しずつ動きやすくなってくるものです。

 

本来の自然の状態である動きやすさが

なかなか出てこないとしたら

切り替えるためのエネルギーが不足しているかも

しれません。

 

自律神経失調症 春先の体調不良はどうしたら

季節の変わり目に体調を維持できている

としたら

それは、身体にエネルギー、元気、

多少疲れがあっても乗り切れる状態

とでも言いましょうか。

 

一方で、エネルギーが不足していたら

身体が先に参ってしまいますから

なかなか身体を動かすのができにくくなります。

 

これは、冬に無理をした疲れが残っていたり

元々、身体に無理を重ねて体調がよくない状態が

続いることが原因かもしれません。

 

春は動きやすさが出てくると言いましたが

動くためのエネルギーを蓄えてあげる

必要があります。

 

そのエネルギーはどこからでてくるかと言いますと

やはり

食べたものが消化され、エネルギーに変わる

お腹の状態が大事になってきます。

 

そして、身体を、精神も含めて動くためには

このエネルギーを使って、回していかなければなりません。

 

血流も多く必要としますし

それは筋肉だけでなく、目や頭(脳、判断力など)もそうです。

 

筋肉がしっかりと伸び縮みするには血流が必要です。

目も血流を必要とします。

活動するには気持ちの面も含めて目や頭が冴えている

必要があります。

 

自律神経失調症 春の体調不良 鍼灸の調整方法

身体や気持ち、頭を使うのに血流が必要で

そのためにお腹がしっかりと働いてくれることが

根本的なところで大事になります。

 

お腹の調子がよくないな、ということが

春には身体のリズムに影響してきますが

それは、冬から春になるこの時期に特に

感じる方もいるのではないでしょうか。

 

身体が多くの血流(エネルギー)を必要とする。

お腹は血液をつくるためにしっかりと働かないとならない。

 

お腹、胃腸の働きを良くして

そしてエネルギーを全身に送ってあげられるような

すみずみまでエネルギーを行きわたらせる

という働きもつけてあげることが

特にこの春先の体調維持には大事になります。

 

このような状態をつくるための調整をします。

 

すみずみまで行きわたらせる

とは

春は発生、芽が出る、生き物も冬眠から覚める

動き始めに調子がいい方が元気ですし

筋肉に例えるとしっかりと伸びて自由に動く

というイメージです。

 

春は冬に縮こまっていた心身のリズムが

伸びてくれることで体調が良くなってきます。

 

よかったらシェアしてね!

通常30分3,800円の施術が初めての方は1,900円。
一人一人に合った施術を行います。

目次
閉じる