過敏性腸症候群 ツボ 鍼灸を行う際に用いるツボについて。

過敏性腸症候群 原因をたどっていくとメンタル面、心因性によるものが多いことを実は感じています。ツボを選ぶ際にもメンタル面での充足、心の安心を得られる効果のあるツボに、ちゃんと必要な加減の鍼、お灸を行うことが出来るかどうかにより効果があるかないかが分かれます。

過敏性腸症候群 ツボ 鍼灸を受けられる方へ

●一日のスタートがつらい。朝、通勤、通学時にお腹の調子が良くない。

●お腹の音が人前で気になり仕事等に集中できない。安心した時間が過ごせない。

●一日の中でお腹が張る、痛くなる時間がある(朝、午後など)

このような悩みは職場や学校などでなかなか言い出しにくいものであると当院にいらっしゃる患者さんの多くが仰います。

病院に行かれた上で鍼灸を受けてみようと思われる方が多いですが、薬には頼りたくないと言う思いをお持ちの方が多いのも鍼灸を受けられる要因になっているようです。

身体にとっても出来るだけ自然に薬に頼らずに辛さが楽になる方がいいですし、気持ちの上でも安心するということも実際にあります。

鍼灸での調整もお薬を飲みながらいらっしゃる方も多いので、心身両面においてお腹の調子を考えて、鍼灸の話もしてみたいと思います。

過敏性腸症候群 ツボの特徴を生かして鍼灸をします

私たちの心、気持ちは常に揺れ動いています。一日の中でなんと6000回も決断をしている。何かを選択する回数が6000回あるそうです。

買い物、道順、着るもの、食べるもの、、、他にも無意識のうちに様々な選択をしています。

ふだん無意識にしていることの中の身体の作用のひとつにトイレ、お通じもあります。お通じが無意識のうちに苦しむことなく自然に済ませられれば悩みはないのですが、本来自然にできるはずのお通じが苦痛であることが日常生活をストレスの多いものにしてしまいます。

心が揺れ動く、と言いましたが精神状況が苦しいものだと当然私たちの身体にもサインが出ます。それがツボの反応として現れるのです。

「東京タワーの灯(フォトモンタージュ)」の写真

過敏性腸症候群 鍼灸 原因を探りながらツボを選ぶ

私たちの身体、心は常に何かに影響を受け、受け止めた影響をどう感じるかによって体調やメンタル面での調子の良し悪しのコンディションに素直に現れます。

鍼灸を行い際には脈(みゃく)と言って、手首のところの脈を打つ箇所の実際の脈の感じを見ながらツボを探ります。ツボは動くものとして考えますが、その日の体調や精神状況により脈が速くなったり、落ち着きがないように感じられることもあります。

お腹の調子が思わしくなく、痛みがあったり、苦しい時には脈もせわしないように、苦しい感じに感じ取れます。この感じをいかに楽な感じにしていけるかが大事になってきます。

「夕暮れの松本平(長野県)」の写真

お通じの問題で思うように心と体の状態が言うことを聞いてくれない時に脈が余裕のない感じになる。一方で精神的に我慢をする日々を送ることがなかなかお腹の調子が良くならない原因とも考えられる。人それぞれですが心身両面の要素として考えられることでもあります。

脈を診てせわしない感じがするときには脈だけでなく背中や手足の皮ふもツヤがない感じになったり、呼吸が浅くなったりします。

お腹の調子を良くするツボだけでなく心の状態を楽にするツボへの鍼も行いながらお腹の状態をよくするツボへの鍼またはお灸も行います。そのためお腹や背中の胃のウラあたりのツボだけに鍼またはお灸を行うばかりとは限りません。

脈が良くなるツボが手脚のツボであったり背中のツボであったりすることもあります。

脈の感じが良くなると呼吸が深くなり皮ふの色つやもよくなってきます。脈、呼吸、皮ふと相乗的によくなることが実際に効果がある時にはみられることです。

心の安心がお腹にもいいことは間違いありません。ツボを選ぶときにはこうしたことを考えながら診させていただいております。

自律神経と鍼灸の話です。どうぞご覧ください。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691