アトピー 鍼灸 睡眠や胃腸の調子、お通じなどとつなげて。

アトピー 鍼灸 身体の診方

アトピー 鍼灸 身体の反応を診ながら鍼灸を

アトピー 鍼灸を行う際に

いろいろな身体の発する反応を診ながら行います。

 

そのため、一か所 鍼をするごとに脈を診て

呼吸のリズムや、皮ふの状態の変化を診て

進めていきますので

鍼の数 本数はどのくらい?と希に聞かれることがありますが

 

ひとつひとつのツボへの鍼ごとに 反応を診ながらですので

鍼の数は少なくなります。

 

皮ふは身体の一番表面にありますので

鍼による調整も皮ふを介してと言うことになりますが

 

皮ふの状態をいい方向に持っていくためには

皮ふに「いい気の流れ」を呼び込む必要があります。

 

そのために「気の流れ」を整えるのに必要なのが

睡眠や胃腸の調子、特にお通じに関しては何としても

いい状態に持っていかなければなりません。

 

お通じの状態が良くなると皮ふに元気が出やすくなります。

気の流れ、流れですから

お通じも通じている方がよく

 

気の流れの状態が良くなるとお通じもいい方向に行きやすく

皮ふの状態にお通じが関わってくると言うことの密接さと言いますか

 

お腹、お通じ、睡眠のリズムがいい状態になるように鍼灸を行うことと

皮ふの状態をよくしていくこととは切り離せないと言うことです。

 

気の流れを読みながら鍼灸を行いますので

反応を診るための脈、呼吸、そして皮ふの感じ

これらを確認しながらですので

 

少なめのツボでの施術となるのです。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691