お灸 病気、検査数値を良くする、病気に対して強さを発揮。

お灸 病気に対して強さを発揮していくために

お灸 病気、治すチカラがキーワード

お灸 検査数値を良くしていくために

血液検査の数値をいい方向に変えていくために

お灸を行っています。

 

写真は仕入れた「もぐさ」です。

実際に行うお灸は米粒程度の大きさに指でひねって

皮ふの上に乗せて 線香で火を付けます。

 

米粒くらいの大きさの ひねったもぐさ の上に火を付けて

実際には線香を近づけるだけで熱が伝わり燃えはじめます(もぐさが)。

 

そして上から下に向けて「燃焼」しますが

一番下に(底面)日が到達するその直前に指で熱を緩和することを行います。

 

この緩和があるから 熱い熱い とならなくて済みます。

 

お灸はとても効果のあるものです。

 

仕入れたもぐさは 最高級 最上級のもので

今回は300グラム仕入れました。

これだけ使い切るのに相当かかると思いますが

 

お灸を行うことで症状が良くなる、数値が良くなると

何で? と言われる方もいます。

 

薬とは違う方法ですが、薬以外の方法で良くなるならば

これは身体の治癒力が本当に働いたからと言えます。

 

もぐさ、火を使いますが

火はチカラ 赤い炎はエネルギーがあります。

 

そのエネルギーが宿ることで治癒力が働きはじめるのです。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691