ご予約はお電話で TEL: 048-797-8141 ご予約はこちらをクリック

腎機能 鍼灸 数値の推移と生活上のいい意味でのリラックス

目次

腎機能 鍼灸 数値の推移

腎機能 鍼灸 クレアチニン値の推移と生活

腎機能について クレアチニンの値 eGFR が

気になるところです。

 

腎機能 鍼灸 クレアチニンの値と食事に関しての悩みは本当に大変なものですが、だからこそ、上手に、あまり苦しくなく数値をコントロールしていける食事の仕方が大事です。

 

腎機能のことで悩んでいる方にとって

血液検査の際の クレアチニン eGFR の数値は

最大の悩みです。

 

腎機能の数値の推移と切っても切り離せないのが

食事です。

 

タンパク質 塩分の制限は

とても大変なもので

食事と言う生きるうえで 一日の中でも

気持ちをリラックスできる 3度の食事に

緊張を強いられるということは

精神的にとてもつらいものがあります。

 

腎機能 鍼灸 精神的負担

短期的に 数か月単位ではなく

年単位で 1年 2年 かけての経験から

こうしたら 状態を維持できて

精神的にもあまりつらくない

と言うことを経験された方の話です。

 

クレアチニン値が ある時

基準値を超え 1.1台であることが分かり

病院で医師から 腎機能が低下していますよ。

と言われたのが数年前。

 

腎臓のことで病院に行ったわけではなかったので

あまり気に留めることもなかったようなのですが

ある時 1.22までクレアチニン値が上がり

栄養指導を受けるように と

医師から言われ

病院で栄養指導を受けました。

 

この時にはじめて 今後の食生活

あまりにも 制限が多いなと感じたことが

精神的な負担のはじまりでした。

 

腎機能 鍼灸 「慣れ」 いい意味で

今まで 食べるものの制限など 真剣に考えていなかったために

今までよりも 半分以下(実際には半分と言うことはなく

もっと食べてもいいのですが)の

食事の内容にとても辛い思いをされたそうです。

 

半分以下 と言いますのは

感覚的 になりますが 特に肉や魚などのタンパク質

そして しょう油や塩 ソースなどの調味料が

今までと違ってしっかりと計測していかなければ

ならず 

気持ちとしてはもっと味付けを濃くしたい

もっと おかずの量を食べたい

と言うことができないのが大変だったとのことです。

 

そして これを守り続けて3年ほどで、、、

薄味の味覚に慣れてきた とのことと

肉や魚などよりも

いも類 (コロッケ等)

海苔(のり) や

塩分のない調味料を工夫しながら味付けを工夫し

以前よりも 苦痛が少なくなってきたと言うことです。

 

そして 食べることの苦痛が減ることと同時に

数値が 0.9台で推移するようになり

おそらく 食事内容自体は数値が示す通り

間違っていないのと

数値に現れていることが 自信にもなって

食事 調理に関する心理的な負担が本当に減った

とのことでした。

 

こうした いい意味での 慣れ と言いますか

経験そのもの と言えるでしょうが

苦労をされた中で その方にしか分からないことも

ある訳です。

こうしたことが 病気と向き合う中で

ご本人にとってとても大切なことであると

感じさせられました。

よかったらシェアしてね!

通常30分3,800円の施術が初めての方は1,900円。
一人一人に合った施術を行います。

目次
閉じる