季節の変わり目 鍼灸 体調の維持 様々な症状があるなかで

季節の変わり目 鍼灸 体調管理

季節の変わり目 鍼灸院 体調はどうですか?

季節の変わり目 鍼灸を受けにいらっしゃる方の中でも

体調を維持するのに苦労をされるという方は多い方です。

 

身体の状態 と言っても

いろいろな意味

もちろん個人差もありますが

 

たとえば気温差もそうですし

一日の中でも調子の落ち込みやすい時間帯

睡眠 でも

寝つき または 朝方の目覚めなど

 

体調 調子の良し悪し

との関連は大きいです。

 

季節の変わり目 鍼灸 対応する

季節の変わり目 体調面に対する影響は

目に見えない所でも起きています。

 

気が付いたら体調がよくない

と言うこともあるかもしれません。

 

季節の変わり目で 

自然が 気温差や天候の変調などがあるから

仕方がない

と 納得させている方もいらっしゃるかと思います。

 

対応していくには

やはり しっかりと休むことです。

 

休みが取れない方こそ

体調を維持することが大変

と言うこともあるのではないでしょうか。

 

対応していくには

しっかり休んで リズムを整えて

翌日に備える。

 

しかし これがなかなか難しいのが

現実かもしれません。

 

季節の変わり目 鍼灸で維持するというのは

鍼灸院の側からの意見になってしまいますが

なかなか休んだ気がしない

と言う方にとって

 

鍼灸治療がお役にたてるところは

やはり

バランスを取っていく

と言うことに尽きると思います。

 

その バランス は

もちろん 個人差がありますので

これ 

と言う 断定することは難しいですが

 

その方なりのバランスを取るために

今何が必要か

と言うことを見定めて

鍼灸治療の限られた時間の中で

やるべきことをやる(施術の内容)ことが

大事になってきます。

 

季節の変わり目に強くなる

そのために

脈(みゃく) または 背中などのツボの反応

を診ながら

身体から(心も含めた)発する

今の状態から

 

いろいろと 推測しながらの施術には

どうしてもなってきます。

どういう風に調整をしていったらいいか

 

施術の時間だけでなく

その後の状態をいい方向に持っていくために

必要な要素はもちろんあります。

 

ふだんの過ごし方

またその中で 何かできること

(またはやらないでおけること)

など

少し時間はかかりますがいろいろと

探りながら

いい方法を見つけていくことも大事です。

 

そうして

今現在は

負荷になっていることも

調子が良くなっていくことで

負荷が減り

いい意味での相乗効果が

日常の中に生まれてくればだいぶ違ってくると思います。

季節の変わり目に限ったことではありませんが

季節の変わり目は特に

身体の変調だけでなく

気持ちの面でも余裕がなくなりやすくなります。

 

自然の動きが大きい時には心身のバランスを取るために

いつもよりエネルギーが必要で

そのために 調整をしていくというのも

鍼灸の考え方の一つです。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691