夏の冷え 鍼灸治療 さいたま市見沼区大和田駅みぬま治療室

夏の冷え 鍼灸治療でできること

夏の冷え 鍼灸院で多くみられること

夏の冷え 思い当たる方は多いことと思います。

特にエアコンの影響は大きいです。

体質的に冷えやすい、という方もいますが、

元々、痛みのある膝や腰など

いわゆる

古傷

ではないですが、長いこと痛みを患っている脚、腰などの

痛みが、冷えにより辛くなる

と言うことが起きやすいのが

夏の冷えの特長です。

 

夏の冷え どこから入るか

冷えがどこから入るか

どういうことかと言いますと

 

多いのは足元から冷える

と言うことと

もうひとつ

湿度が高い日には湿気の影響も

足から受けることがある

と言うことです。

 

冷えと湿気が足元から入ることで

身体が重く、だるい

そして、冷えやむくみが起こりやすい。

と言う状況のことですが

思い当たる、と言う方はいらっしゃるはずです。

 

こうしたことは体質的に

冷え、だけでなく湿気による影響も受けやすい

と言うことがある訳ですが

そのような場合にも鍼灸治療は

意外と? 効果を発揮します。

 

夏の冷え 痛みに関して

そして、エアコンの冷えだけでなく

数日間、涼しい日、曇り空、雨の日などが続くことでも

足が冷える

と言うことも起こりやすくなります。

もちろん

全然大丈夫だ

と言う方もいらっしゃいます。

 

天候の影響による冷え、だるさは

自然の影響ですので

無理をせずに

体を温めてゆっくりと過ごせれば一番いいです。

鍼灸治療を行うこともいいですが

その場合にも

湿気、寒さによる冷え

だるさ、身体の重さ

そして時に頭痛等

体質面のケアを行うことが必要な場合が多いです。

 

こうしたことが

鍼灸院において夏場には多く遭遇する症状として

ある訳ですが

体質的な面の治療を行いながら

痛みの治療を行うと

痛みが楽になりやすいです。

 

夏の冷え 体質と冷え

鍼灸は痛いところに鍼をする

と言うことがイメージとしてあるかと思いますが

 

実際に、痛みが起きた原因として

元々、疲労が溜まって体力が低下していた、

まあ、疲れがあっても無理をしていた

と言う状態の上に

 

足の冷え、湿気の影響によるだるさなどが重なり

足、腰などに痛みが出る

と言うことが

 

鍼灸治療の考え方としてベースとなるものです。

部分だけでなく

全体の調子を整えることが

回復力を高め

腰、脚の調子を取り戻すことにつながります。

 

それは、

鍼灸治療を受けられて

楽になる過程で

「こう言うことなのか」

と実感される方が多いようです。

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691