自律神経失調症 7月の体調管理 さいたま市鍼灸みぬま治療室

自律神経失調症 体調管理、鍼灸

自律神経失調症 暑さ 体調 

自律神経失調症 本格的な暑さがやってきますが

体調をいい状態で維持するために

この時期(7月)、気を付けたいこと

鍼灸治療の観点からも書いてみたいと思います。

 

自律神経失調症 毎日のコンディション

暑さ

湿気

ムシムシする毎日がこれから続きますね。

 

食欲、睡眠など

いい状態を維持するのに

 

まずは

冷え、をできるだけ避けたいものです。

 

エアコン、時期的に

電車内、職場など

ほとんどの場所でかかっています。

(これから、どんどん、エアコンがいろいろなところでかかりますね)

 

実際に、エアコンの影響を避けることは

なかなか難しいと思いますので

 

そこは、

入浴する時間を確保する

(湯船につかる時間)

 

また、お腹を冷やさない

 

足を冷やさないようにする

 

などが、できると一番いいです。

ですが

部分的に

お腹や足を保温しようとしても

なかなかうまく行かない

ということが多いです。

 

身体の内側、身体の芯から

冷えを防止するようにしたほうが

やはりよさそうです。

そのためには・・・

 

自律神経失調症 冷えの防止

鍼灸治療では

一定の治療時間の中で

体質のケアを含めたツボへの鍼、または お灸で

身体が温かくなる

ということが起きます。

 

もちろん 個人差はあります。

 

身体の芯から温まると何がいいかと言いますと

やはり

リラックス効果(精神的にも肉体的にも)

 

足への血流が増える

末梢血流、ですが

足への血流がよくなると

お腹の調子も出てきます。

 

食欲は毎日の体調を維持する上でとても大事です。

 

ちょっとマイナスなことを言いますが

夜、熱いと睡眠が・・・

 

という経験はあるかと思いますが

 

睡眠が上手く取れないよ・・・

という、暑さの影響からの体調不良を

別の面からカバーするのが

お腹の調子、です。

 

お腹と、睡眠

両方が調子が出ないと

暑い時期、ダメージが大きいですから。

 

食べること

だけでなく

睡眠もエネルギーの補充

なのですが

 

本当は両方調子いいと一番いいですね。

 

 

お腹の調子がいいと

自律神経バランスも

いい状態にあります。

 

そのために

足を温める

足湯

などを、夏場には行うといいです。

夏の エアコンによる冷え

に対して

 

湯たんぽなど

夜、布団の中ではなく

ちょっと、家で寝る前など

足元に置いておく(食事の時など)

 

こまめに、足を温めるケアが

いいです。

 

身体が温かく心地よい状態は

睡眠にもいい影響をもたらしてくれます。

リラックス効果、です。

 

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691