ストレートネック、鍼灸で首の痛みを改善、効果を持続させる

ストレートネック、鍼灸治療

ストレートネックで鍼灸を受けに来られる方へ。

症状として、首を動かすと痛みがある。

頭痛や目の奥が痛くて重い。

肩甲骨の方まで痛い。

など、首だけでなく、いろいろな面で

つらさを我慢することが多いですね。

いろいろな治療をいままでもされてきたのでは

ないでしょうか・・・?

 

ストレートネックの鍼灸は首を楽にするためのツボを使います。

首の生理的前弯(ぜんわん)

頸椎(けいつい)、首の骨が前に前弯しているといいのですが

これがまっすぐ(に近い)と

ストレートネックと言われます。

中には前弯を通り越して後弯(こうわん)している

という方もいます。

 

鍼灸治療は首の動きをよくするために行いますが

首以外の箇所(ツボ)に鍼をする、という方法があります。

 

特に、首の痛みがはげしいときには

首以外のツボに鍼を行うことのほうがいい場合もあります。

 

ストレートネックの実際のツボへの鍼灸は

これは、腕のツボ、または脚のツボを使うのですが

首の動きを良くするツボがあります

 

それで、腕や脚のツボに鍼をしながら

最初はあまり無理をしないようにしますが

可能ならば、首を少し、少しですよ

動かしてもらいます。

 

最初は、左右の向きにくい方

これが改善されて来たら

後に反るのも

「無理なく」やってもらいます。

 

あくまで「無理なく」です。

 

腕、脚のツボに鍼をして首を動かす

その際に、鍼を少し動かします。

これも、ほんの少し、微調整しながら

首の動きをみていきます。

 

これを治療の最初と最後に行います。

間には首、肩、背中などに鍼をした状態で

数分、ベッドに横になっていてもらいます。

 

ストレートネックの改善、効果の持続のために必要なこと

実際の鍼灸治療の際に

「あ、首が少し楽かも」

ということが実際にあります。

これは、実際に、現実に起きた変化ですね。

 

それで、問題はその後。

効果がどのくらい持続するか。

 

いい状態を維持するためには

腕や脚のツボへの鍼で出た変化の

大元(おおもと)とでも言いましょうか、

 

身体の内側のチカラ、へのケアも必要です。

身体のエネルギーの本体、体調を左右する

とも言えますが、

 

内臓の状態を良くするツボへの鍼もしていったほうが

いいです。

 

腕、脚、背中のツボ・・・精神安定効果もあります。

実は、ひとつのツボがいろいろな効果を含んでいる、

ということがあります。

これをうまく利用して精神的にも楽になるように

いちばん必要なツボに治療を行っていきます

 

コメントを残す

*


みぬま治療室

〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2丁目1691